『本気で臨海部の未来を考える会』の活動BLOGです
by rinkaibu-mirai
ライフログ
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010年 07月 14日 ( 1 )
長谷工に鉄拳くだる!
これは先日の川崎区の例ではありません。

東京都世田谷区千歳船橋の件、

建設地 NTT社宅跡地 2区画、 A敷地 7,512m2 B敷地 3,931m2
規模  A 10階、31.1m、190戸   B 9階、28.24m、98戸
建築主  長谷工、大和ハウス、三井不動産

世田谷区都市整備方針(マスタープラン)との
整合性が一つの論点だったようです。

住民が長谷工に対して建築確認取り消しを求める審査請求を行い、
A敷地は東京都建築審査会で、棄却。

しかし、B敷地に対する審査請求が世田谷区建築審査会で認容。

([マンション 3444]世田谷長谷工マンション確認取消)

「建築確認に取り消されるべき瑕疵がある場合において、軽微な変更説明書を提出することによって、
その瑕疵を治癒するものではない」

という判断が下り、工事はストップ。

こういった話題につきない長谷工。
マンション建設は、少なからず、周辺住宅や住民にわざわいを投げつけます。
どう説明しても、利益が最優先で、地域づくりとかまちづくりをしようなどという意志はない。

このようなマンション業者はまさに、まちにとって百害あって一利なしの状態なのだと思います。
全国でものすごい数の空き室があるのに、まだ作り続ける意味がわかりません。

また、そのようなマンションを支援する行政の価値観もわかりません。

どこか国のレベルで徹底討論して欲しいところです。
by rinkaibu-mirai | 2010-07-14 01:40 | Trackback | Comments(1)