『本気で臨海部の未来を考える会』の活動BLOGです
by rinkaibu-mirai
ライフログ
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事業仕分け第2弾の成果がたったの40億?
天下り機構と言われているものの、存在価値。
それに加えて地方値自体の存在価値は?と問われたら、いったい何を審議すべきなのか?

これが、行政刷新会議では最も重要課題なのかと思う。

行政や天下り機構は、国民や市民から集めた税金をどのように、「住民の福祉の増進」のために有効に使えるか。
その判断を行うのが行政であり、その下に配属されている、外郭団体だったはずなのだが。

実際には、税金は私物化され、個人的な利益、もしくは関連の者たちや企業に対して流され、
まったくといって、納税者つまり、「生活者」と言われている住民の福祉の増進に寄与しないで、ほぼ捨てられているという状況が現在、やっと事業仕分けで、やっと、手術にメスが入れられた段階で、
本当の「病巣」には到達していない段階なのだと思う。

何度でも書くが、行政やその外郭団体の存在意味は、税金を「住民の福祉の増進」のためにその豊富な知識と創造性を生かして検討して決めて行くことであって、しごとをさぼったり、個人的に使うことに頭を使うのでは断じてない。

決めたからしようがない。
もしくは、前例がないから決められない。
どんなに失敗したお金の使い方でも、前例だからしかたがない。

こういったことで税金の大半がドブに捨てられて来たように思う。

しかし、南高には国の「都市再生本部」の意志が強く働いていて、
これに関しては、ほぼ前例がない。それなのに、いままでとは違うことを強引に決め、
押し通そうとしている。

これは、まさに国の意志が働いていたから他ではなく、
もし、違うのならば、いまからでも、県民が共有している県有地(県の財産管理課の見解は、県の職員のためのものらしいが)である南高跡地をどうすべきは、県民の意見を聞いていただきたい。

県の財政が足りないから、というのは理由にはならない。
なぜならば、財政が増えたところで、なんら「住民の福祉の増進」のために使われてきたためしがないからである。

財政がたっぷりあればあるほど、企業や天下り団体により多くの税金が流れて行くこれまでの流れを完全に変えていただかなければ、当然納得がゆかない。

もし、それに時間がかかるならば、県民は5年でも10年でも待つことができる。
売却せずに、論議するしかない。

そうでなければ、これはまさに普天間基地の問題と同じになってしまう。
事実、当時の政府が一方的に決めたことを押しつけられていたという状況においては、変わりはなく、

決めてしまうには、社会状況、経済状況、そして政治的状況が変わりすぎている。

今、白黒を判断をつけるのには、根拠に薄い。それならば時間を置いて民意を確かめる必要がある。
これは、国の暴走で決められたものであるならば、なおさらではないか。

このまま、民意とは別の方向に行くのは、住民主権とはまったく正反対のことになってしまう。

とにかく、言いたかったのは、事業仕分け第二弾の効果がたった40億という記事を見たものだから、
南高で失う県民財産は150億前後。
こちらの方が、はるかに金額が大きい。

もし、金額が事業仕分けで重要ならば、こういった国からおしつけの事業で困っている自治体の状況を刷新して欲しい。
by rinkaibu-mirai | 2010-05-30 11:38 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://rinkaibu.exblog.jp/tb/13842515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 役立つブログまとめ(ブロ.. at 2010-05-31 07:27
タイトル : 役立つブログまとめ(ブログ意見集): 行政刷新会議で既得..
「行政刷新会議で既得権益一掃」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。... more
<< 少数意見を優先するのが民主主義? 復活の鍵は川崎にある。 >>